行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題などに興味があります。「自分のこと」をことばで表現することで、こころのゆたかさをはぐくんでいます。このこころみのひとつひとつが、だれかのちからになっていたとしたら、とてもうれしいです。

2019-03-27から1日間の記事一覧

ブログをかくひとの使命とは、ファンを傷つけないために、一生かきつづけることなのかもしれない。

この表題の真意については、ブログをかきはじめて、おもったわけではない。ただ、ブログをかいてみて、これは容易には、やめることはできないものだとおもった。ブログをかくことで、たったひとりでもファンができるはずだ。もしかすると、ぼくのブログにも…

職場がかわったり、環境が変化しても、ゆるくつながることができる関係性を、すきなひととはもちたい

卒業ということばがもつ、逃避的な感じはなんだろう。過去からのつながりを維持することができないよわさを、ぼくは卒業ということばから感じる。卒業には、過去をたつというニュアンスがないだろうか。卒業にかぎらず、人間の意識は、ことばや概念、制度な…

マルチタスクのむずかしさ~ひとに仕事をふりつつ、自分の仕事をおこなうことなど~

最近、後輩がはいってきたことで、仕事の立場がややかわった。いままでは、いわれたことを忠実にこなすことに集中しておればよかった。なにをやるのかは、指示があるので、指示のなかで、正確におこなうことを意識しておればよかった。だけど、いまは、やや…

ねるというよろこびをもとめて

おはようございます。「明日、いつもより一時間おそくに、職場にいけるので、その分、睡眠時間がふえる。」とおもっていて、なぜ、就寝時刻をいつもより一時間うしろにずらすのだろう。結局、おんなじ時間しか、睡眠時間を確保できない。たくさんねたいはず…