行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題などに興味があります。「自分のこと」をことばで表現することで、こころのゆたかさをはぐくんでいます。このこころみのひとつひとつが、だれかのちからになっていたとしたら、とてもうれしいです。

2019-04-20から1日間の記事一覧

松本秀人(hide)の弟、松本裕士のこと

この松本裕士という著者は、松本秀人の弟で、この本はほとんど、松本裕士の自伝といってよいとおもえる。 松本裕士という、いち私人の自伝がこれほどまでに、おもしろいとは、おもわなかった。 松本裕士とは、むろん、hideの弟のことである。 しょせんは、hi…

ぼくの居場所について。

正直にいう。いまの職場は、ええひとがおおいから、やめられへん。ハッキリというが、組織のありかたとしては、まがりかどやとおもうし、ほとんど終わりにちかいくらい疲弊している。しかし、ほとんどのひとが、ええひとなのである。ほんまに、それがおもし…

哲学書のやわらかいよみかたについて

哲学者の話って、きいていたり、おしゃべりしていたりする分には、めっちゃたのしいのだけど、まじめに哲学の本をよむのは、骨がおれて、けっこうつらい。 これはたぶん、ぼくが哲学的思考にむいていないためだとおもう。不なれというのもあるだろうけれど。…