胡蝶の夢日記 行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題や民族学に興味あり。「自分のこと」を言語で表現することでみえてくる自己実現について、かんがえながら、ブログをかいています。社会性って、なんだろう?どうしたら、社会に参加できるのだろう。

2019-09-08から1日間の記事一覧

大学職員の仕事、進学相談について。

進学相談という業務がある。相談とはいうが、大学のことや、大学進学についての質問をうけつけて、説明するだけのことである。ぼくは、この仕事をあまりきらっておらず、むしろ、たのしんでいるきらいがある。この仕事の大半は、質問に対して、説明用の資料…

病的に"思いこみが激しい"人間について。

鶴見俊輔から、引用する。孫引きなので、本旨から、ずれているかもしれないが。 ぼくの病的なところは、まさにつぎのような感覚が根にあるようにおもう。 なにも、鶴見俊輔とおなじ問いを、もっているのだといいたいわけではない。 こんなことを問う器ではな…

社会性を心身にはぐくむきっかけとなる場をつくりたい。大学職員として、それを教育の現場に位置づけていきたい。

教員と職員が、「おっ、これって、いいよね。」と話がはずんだとき、すぐに、行為にうつせないというのが、まず、疑問だ。どこにいるのかもわからないお偉いさんに、うかがいをたてるために、まずは手続きのための窓口をさがさなければならない感じの煩雑さ…