胡蝶の夢日記 行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題や民族学に興味あり。「自分のこと」を言語で表現することでみえてくる自己実現について、かんがえながら、ブログをかいています。社会性って、なんだろう?どうしたら、社会に参加できるのだろう。

2019-09-15から1日間の記事一覧

『ヒトラー~最期の12日間~』と『ドラゴンボール超 ブロリー』の感想【映画感想】とにかく、三浦大知のBlizzardがかっこよかった

よしっ。 『ヒトラー~最期の12日間~』と『ドラゴンボール超 ブロリー』をみおわったので、はしりにいこう。 が、ちょっと感想をかいておきたい。 ヒトラーについては、まったく無関心だったのだが、つい先日、本屋で、水木しげるの『劇画 ヒットラー』が目…

マイノリティ(社会とのズレになやみ、その原因を自分のよわさにあると、くるしむひと)をケアする場を大学に、高等教育の現場に、積極的な価値があるものとして位置づけていく活動を開始する。

大学という空間に、社会に参加することに疑問を感じている学生に対する、ゆるいつながりの場をつくりたい。場としては、目的設定はしないが、ルールとして、つぎのようなことをひとつさだめておこうとおもう。「自由を尊ぶことを基本とし、自己中心性・自文…