行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題などに興味があります。「自分のこと」をことばで表現することで、こころのゆたかさをはぐくんでいます。このこころみのひとつひとつが、だれかのちからになっていたとしたら、とてもうれしいです。

泥酔と死生観。

泥酔すると、感情の制御ができない。がんばって理性をはたらかせるが、なにごとかが納得するまで、その感情の暴走は、とめることができない。

わらいたくもなるし、なきたくもなるし、愛したくもなるし、破壊したくもなる。生理的な欲求に対して、どうしようもなくなる。

そんなとき、柄にもなく、自販機を、けとばしたくなる。いま、破壊したい衝動をおさえながら、ちょうど自販機をよこぎった。

しかし、残念ながら、自販機をけとばすわけにはいかないので、帰宅するまで、衝動をなだめて、自分のビニール傘を地面にたたきつけたり、自転車をけっとばす。

それができなければ、つまり衝動を我慢できなければ、アスファルトをけとばしたり、なぐったりして、足や拳をいためつける。

こんな衝動がおきるのは、泥酔していながらも、まだ、のみたらないときだ。まだまだ、のみたらないけれど、おひらきになったときに、こういう衝動がでてくる。

この衝動は、おそらく、松本秀人がいうところの「地球とたたかった結果、ケガをおう」という感じにちかいだろう。

ぼくが、自分のことを「松本秀人のように、そのうち、死にそうだ」とおもうのは、こういうところだ。

人間のもつ、このあぶなっかしさのことを、あんまりみんなわかっていないとおもうけれど、どうだろう。

しっているかい?
人間は、よっぱらいながら、衝動的に死生の綱をわたるのだよ。

この衝動は、愛だけが慰撫することができると、ぼくはおもうが、その愛の実体をつかむことは、いまだできない。

愛らしきものを代用して、自分にポジティブなウソをつき、一時、なだめることはできても、普遍的な自由(ever free ※hideを参照)にちかづくと、愛らしきもの(ウソ)では、歯がたたない。

自分が自分につく、そのウソへの"いらだち"が、破壊したい欲求を活性化させるのかもしれない。

なんにせよ、こういうときは、たいてい、酒をのんでいる。

酒は、劇薬だ。

酒は人間をいかしもするが、ころしもする。

ところで、自分の意志で、自殺しちゃう人間には、感服する。近代人の限界をこえているのだもの。

「いじめられたから、自殺しました」という形跡をのこすことができる若者は、見事だ。

これが現代人の死生観なのだ。

hideの死とは、意味あいがちがうのは明白だとおもっている。