行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題などに興味があります。「自分のこと」をことばで表現することで、こころのゆたかさをはぐくんでいます。このこころみのひとつひとつが、だれかのちからになっていたとしたら、とてもうれしいです。

母と子のつながりをきった先にある関係

おもしろい変化がある。

なんか母親のことが、すきになった。なんかすごくちかく感じるようになった。

母親という人間のことをすきになった。

どうもこれはマザコンなどといわれるような感じのものではない。

母と子というつながりが、バッサリときれた感じがしていて、母親のことを母親とみなくて、人間として、みとめているような。

なんか母親にむけるまなざしが、なかなかクリアな感じで、人間の尊厳を母親というひとに、しっかりみとめているような。

そのつながりをきったのは自分の意志だというのはたしかで、そして、いさぎよくきられたというところに、母親の意志もあるとおもう。

なんというか、他者をいとおしむまなざしと、他者をまったくべつの個体だと峻別する冷徹な目が、同時にあるような。

この感覚は、すごくほしかったものだ。
明日の朝までのこっているかわからないが、一度、納得できた感覚は、からだから、きえてしまうことはないだろう。

以上。