胡蝶の夢日記 行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題や民族学に興味あり。「自分のこと」を言語で表現することでみえてくる自己実現について、かんがえながら、ブログをかいています。社会性って、なんだろう?どうしたら、社会に参加できるのだろう。

『ヒトラー~最期の12日間~』と『ドラゴンボール超 ブロリー』の感想【映画感想】とにかく、三浦大知のBlizzardがかっこよかった

よしっ。

ヒトラー~最期の12日間~』と『ドラゴンボール超 ブロリー』をみおわったので、はしりにいこう。

 

が、ちょっと感想をかいておきたい。

ヒトラーについては、まったく無関心だったのだが、つい先日、本屋で、水木しげるの『劇画 ヒットラー』が目にとびこんできて、にわかに気になった。

劇画ヒットラー (ちくま文庫)

劇画ヒットラー (ちくま文庫)

 

漫画からはいって、映画をみたので、視覚的なイメージをしっかりもつことができた気がする。

劣等感がつよく、プライドのたかい人間は、だれでも、「ヒトラー」になりうるものが、こころのなかにあるのではないかというのが、率直な感想だ。正直なところ、わがことを多少みているような気になり、漫画と映画をみているあいだ、からだが妙にあつくなった。ナチスヒトラーをへた時代にうまれたぼくは、自分のなかに、それになりうるあぶなっかしさがあることをなんとなく皮膚感覚的にしっていたことが、自分への不信感につながっていたような気もする。「ヒトラー」をしることで、自分のなかにある、あぶなっかしさを対象化できるすべをえたかもしれない。

 

ドラゴンボールについては、なんか、素朴に、おもしろかった。たのしめたこと、ちょっとワクワクできたこと、それ自体に、おおきな意義がある気がする。内容なんて、あるようで、なにもないアニメのドラゴンボールだが(※漫画のドラゴンボールには、めっちゃふかい内容がある。)、ド派手で、スケールのおおきい戦闘シーンや、悟空とベジータをこれでもかってくらい、かっこよくみせるシーンだけで、十分たのしめた。みせかたについての工夫がいろいろあることがわかり、たのしかった。ただ、ながい。ドラゴンボールに100分もいらない気がする。ドラゴンボールは、テンポの漫画だとおもうのである。三浦大知の「Blizzard」って歌、あらためて、かっこいいね。


三浦大知 (Daichi Miura) / Blizzard (映画『ドラゴンボール超 ブロリー』主題歌)

 

ドラゴンボール超 ブロリー