胡蝶の夢日記 行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題や民族学に興味あり。「自分のこと」を言語で表現することでみえてくる自己実現について、かんがえながら、ブログをかいています。社会性って、なんだろう?どうしたら、社会に参加できるのだろう。

カフカとブルンヒルデ・ポムゼル

カフカの『城』的な、不気味な世界を、「ブルンヒルデ・ポムゼル」という人物をとおして、ながめてみると、よくわかるのではないだろうか。ふと、そんな気がした。

城 (新潮文庫)

城 (新潮文庫)

ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白

ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白

そうか、カフカは、ユダヤ人のドイツ語作家だ。

反省と今後への意識づけとして、以下余談。背景とかをくわしくしろうとせず、あいまいにしか、知識をもとうとしないのが、ぼくの弱点だ。

話をもどす。
そういえば、たしか、カフカの小説の巻末の解説に、「カフカは、世論のナチス化が顕在化するまえの段階で、排外的で、偏狭な民族主義が、大衆のなかにうまれはじめている雰囲気をかぎとっていた」みたいなことが、かかれていた記憶がある。カフカなんて、数冊しかよんでいないので、後日、ちょっとしらべてみよう。

どうやら、「ブルンヒルデ・ポムゼル」をしることによって、「カフカがわかる」という感覚をもつことは、ごく自然なことのようだ。