行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題などに興味があります。「自分のこと」をことばで表現することで、こころのゆたかさをはぐくんでいます。このこころみのひとつひとつが、だれかのちからになっていたとしたら、とてもうれしいです。

片岡篤史さんのYouTubeは、なぜおもしろいか。

プロ野球選手の片岡篤史さんのYouTubeがおもしろい。最近、ハマっていて、よくみている。めっちゃ野球の勉強になる。


というわけで、ぼくなりに、片岡篤史さんのYouTubeのよさを簡単に分析してみる。


片岡さんの漫談力のたかさには、おどろく。かれのかんがえかたの基本には、「努力だ!ガッツだ!」という感じの精神論がある。それにくわえて、特徴的なのは、非常に情感をたいせつにしているということである。ひとつの動画のおわりに、「ええ話ですね。」といってしめているが、このことばのチョイスや声のひびかせかたから、それがよく感じられる。また、非常によく、思い出を記憶されている。


片岡さんについて、漫談力がたかいといったが、もちょっと、かっこよくいうと、「かたる」ということに、かれはたけている。


片岡さんは、精神論を中心に、情感的であることにフォーカスしている特徴があるので、対談相手に、理論派のひとがくると、非常におもしろい。Mattの父親の桑田真澄さん、ラジコンの腕前が玄人である山本昌広さんとの対談は、特に、おもしろかった。「かたり」のなかに、理論が、うまくおとしこまれていて、とてもわかりやすかった。


桑田さんが、軽妙にかたっている動画は、みごたえがあって、時間があっというまに、たっていたほどである。4本くらいあるので、ゴールデンウィークのおわりに、ぜひみてほしいとおもう。

PL学園復活についてとPL学園からスカウトが来た時の心境など、昔の話をたくさん聞いてみたよ〜♫