行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題などに興味があります。「自分のこと」をことばで表現することで、こころのゆたかさをはぐくんでいます。このこころみのひとつひとつが、だれかのちからになっていたとしたら、とてもうれしいです。

【新聞をよむ②】7月8日朝日新聞朝刊。大企業ですすんでいくテレワークが、遅々として、すすまない中小事業所のこととか、イージス・アショアとか、文化人類学者のこととか。

はりきりすぎて、三日坊主で、おわりそうだ(・・;)


朝日新聞7/8朝刊】

○今日もまた、大企業のテレワーク特集がある。「テレワーク 走りながら工夫」と、見出し。在宅では、実験機器が使用できないため、あたらしい実験ができない分、過去のデータを分析したり、オンライン会議によって議題をしぼって、議論できるようになり、会議時間が半分になったり、いろいろ企業は工夫しているようだ。その結果、業務がスリム化したり、成果もでてきているという。わが身のことをふりかえると、…、うーむ。出社率はすでに100%だ。業務のスリム化とも、ほどとおい。なにかに対する忖度のようなものが、仕事の半分くらいに、みえかくれするような。業務の合理化、効率化、要不要の整理、そして、成果をあげる。そんな工夫が、業務のなかに位置づけられていないから、ああ、つまらない。つまらないが、工夫そのものは、たのしいので、先輩と二人で、コツコツ業務の合理化とデータの蓄積と整理をやっている。


新興国では、コロナ禍が、日本とはくらべものにならないほど、ひどい状態みたいだ。ブラジルでは、新型コロナによる死者が6万5000人をこえたという。この数字は、治安が悪化した2017年の殺人事件の被害者数と、ほぼおなじという。さいわいにも、日本では、これほどひどくはないので、いきてるだけで、丸もうけの精神で、ケセラセラとわらって、いきていこうとおもう。日本にいきていて、悲惨とか、不遇などということばをつかうことは、表現として妥当性をかいている気がしてくる。


○陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備断念をうけ、衆院安全保障委員会が、今日ひらかれるらしい。(実際に、今日、ひらかれたのか?)敵基地攻撃能力の保有について歴代内閣は憲法上、ゆるされるとしてきたという。1956年に鳩山一郎内閣は「他に手段がない場合にかぎり、法的には自衛の範囲」と説明したことが、政府見解として定着しているという。このながれで、政府は、「敵が武力攻撃に着手していれば、敵基地攻撃はできる」とのかんがえをしめしたが、この「着手」の定義が、なかなかむずかしいみたいだ。この定義について、2003年に石破茂防衛庁長官が、「東京を火の海にするぞといって、ミサイルを屹立させ、燃料を注入しはじめ、不可逆的になった場合は一種の着手だ」と説明したという。

物騒な話だ。要約しようとおもったが、やめる。


○「ウポポイ」って、なんでしょう。アイヌ語で、「みんなで、うたう」という意味だ。北海道には、民族共生象徴空間という、日本ではじめて先住民族としてのアイヌをテーマにした国立施設があるが、ウポポイはその愛称でもあるという。


○北海道には、もうひとつアイヌをテーマにした国立施設がある。国立アイヌ民族博物館だ。ふつう、博物館には国宝といわれるようなものが展示されるが、この博物館には、展示品に国宝や重要文化財はひとつもない。これは、「かつての国立博物館は『これが国家の宝物である。皆学びなさい』との姿勢でした。国家が文化財を誇示し、国民を啓蒙する役割を担った。一種の権力装置です」ということへの批判精神によって、つらぬかれているためだ。そして、また、「先住民族が『展示される』だけではなく、自ら『展示する』側になる。両者が一体化することで、博物館が展示だけでなくアイヌ文化の復興に役立てる」という基本姿勢がある。この博物館の初代館長が文化人類学者の佐々木史郎さんだ。梅棹忠夫さんたちがつくった、みんぱく(国立民族学博物館)の精神が、ひろく、うけつがれているんだなあとおもうと、うれしくて、たのしい気分になる。ぼくは、このような精神が、すきなのだ。文化人類学者は、やっぱりかっこええよなあ!

【新聞をよむ①】7月7日朝日新聞朝刊。山本太郎の都知事選とか、熊本の豪雨とか。

「新聞をよむ」という感じで、感想をためていこうとおもう。余談だが、よんでいる新聞は、朝日新聞だが、親がとっているもののフリーライドだ。思想は、関係ない。


いつまで、つづくかわからないけれど。
それでは、スタート\(^-^)/


朝日新聞7/7朝刊】

○九州の、とくに熊本県の大雨の被害、悲惨だなとはおもうが、実感がわかない。さいわいにも災害を経験したことも、被災地をみたこともないので、想像もできない。自分のこの感度のにぶさって、なんなのだろう。


山本太郎都知事選。65万7277票も、ひとりの人間にあつまったのか。ちょっと、おどろいた。つい最近まで、芸能人だったはずなのに、顔つきがちがう。顔つきは、政治家のそれとはちがう。幕末の志士とよばれた人間たちは、こんな表情をしていたのだろうかと、司馬遼太郎から影響をうけているぼくは、おもう。よき実務家が、サポートするようになれば、あるいは。勝利した小池百合子には366万1371票があつまったみたいだが、「政治屋さん」に、政治の票はあつまるものだから、たいした差のようにはおもえない。
f:id:hide-himuro:20200707230717j:plain


○「コロナ時代 ロボの出番だ!」と見出しがあるが、人間の労働量をへらせるのだろうか。ベーシックインカムなどに、つながればと期待する。最低限度の生活を保障しておくれ。


富士通が、在宅勤務を原則にするという。このまえは、カルビーも、そんな話があるとあった。仕事の内容で社員を登用する「ジョブ型」人事制度を導入するらしい。この制度がよいのかわからないが、明確な人事制度がある方がいいとおもう。上司のち●ち●か、ま●こをなめるひとが評価されるような社会は、ごめんだ。


○インド北部と中国西部との国境地帯に位置するガルワン渓谷で、6月中旬に、インド軍と中国軍の衝突があったという。しらなかった。ふいに、とびこんできたニュースだが、ふとかんがえこんでしまった。べつに平和のことではない。給料だとか、自分の仕事だとか、いろいろなやんだりすることもあるが、毎日死ぬ危険のないところにいて、気楽にすごすことができているだけで、十分しあわせなのだ。世界の平和のために、なにかできることもなく、また、なにかをしようという気も、あまりない。せめて、自分の生活範囲のなかで、かかわりあいをもつことができるひとびとと、まえむきにつきあい、たのしく、すごしていこうとおもう。


○吉川晃司がドラマにでているらしい。歳をとって、うんと、かっこええ雰囲気になったとおもう。
f:id:hide-himuro:20200707230746j:plain

落合博満流で、計画的に、運動する。

きめた。今日から、10日ほど、いっさい素振りをしない。


おもいつきで、気まぐれに、そして、がむしゃらに、運動をするのをやめる。落合博満のキャンプでの練習計画を模倣してみる。これは、課題をあらいだして、計画的に実行していく訓練にもなるだろうから、スケジュール管理の苦手なぼくとしては、ちょうどいい。
f:id:hide-himuro:20200706231500j:plain


まずは、第一ステップとして、からだの基礎をかためるトレーニング期間をもうける。写真の①のところだ。


つぎに、第二ステップだが、頭とこころをはたらかせて、イメージトレーニングする期間をもうける。当然、この第二ステップでは、第一ステップの運動を並行しておこなう。これは、写真の②のところだ。


最後に、第三ステップとして、実践期間をもうける。ぼくの場合は、実際に野球をすることが、まだできないので、素振りの再開とバッティングセンターでのうちこみだ。バッティングセンターでは、落合博満にならって、80km/hのおそいボールとゆるいカーブを中心に、うつ練習をしようとおもう。


あとは、毎日しっかりと食事をとることにする。朝ごはんは毎日たべることとするし、夕飯は、茶碗二杯はたべよう。


毎日、せいぜい1時間とすこしくらいしか、運動することができないだろうし、第一ステップに、どんなメニューをするのか、ほとんどきまっていないことが不安だが、どれだけの変化が、自分のなかでおこるのか、たのしみだ。


これから二週間ほどの暇つぶしができた。とてもワクワクしている。


以上。
今日も1日、おつかれさまでした。
おやすみなさい。


自分の人生に、あわい期待をいだかない。

人生に、あわい期待をいだくことなく、ただただ自分の欲求にだけ忠実であることにつとめて、いきてゆくことを、あらためて、いまここに、ちかう。


とはいうものの、よき理解者たちから、「あれは、かなんやつや」とおもわれない人間でいるための努力だけは、地をはいつくばってでも、おこたってはいけないことを理解している。


このことについての努力だけは、つみかさねた分だけ、自分自身の糧となり、けっして自分をうらぎらないことであると、つよくしんじている。

おじさん構文。自分の文章の基本がわかる。

ぼくのことばはこびは、「おじさん構文」だと、いいあらわしたひとがいる。とてもシンプルで、まとをいた表現だから、とてもうれしい。「おじさん」は、ぼくのアイデンティティにとって、核となるものなのだ。司馬遼太郎梅棹忠夫氷室京介、…、つよく影響をうけた人間はみんな、ぼくからみると、おじさんだ。



相手の背景にあるものを感じとるセンスと、それを相手が嫌な気にならないように、そして、ハッとなにかを気づかせるように、シンプルに表現できるセンスと技術があるひとには、とてもあこがれる。


日常の背後にあり、それをささえる陰の世界には、うえのようなひとが、割合おおくいる。ぼくは、かれらから、おおくの刺激をうけているし、これからも刺激をうけていたい。また、かれらの才能や技術、あるいは、かれらの存在そのものが、陰の世界で、日常のゆがみをささえることだけのために存在しなくてよいように、陽の目をみる機会などをつくっていくようなこともしていきたい。


陰の世界には、日常には、おさまりきらないゆたかさがある。陰の世界を、日常のおまけくらいのものだとかんがえるような、ぞんざいな態度でいては、いつまでたっても、ゆたかな社会はおとずれないだろうとおもう。


以上。


それにしても、たしかに、おじさん構文だ。自分のことを、他者から命名されたり、定義されると、客観的にみることができるということが、あたらしい発見だ。


自分の文体って、なんだろう?とか、おもうことがあっても、どんなだろうとイメージすることも、なかなかできなかったけれど、「おじさん構文」だといわれたら、なるほど、「ぼくの文章の基本は、おじさん構文だ」とイメージできて、すっきりした。

バッティングの動作は、「手がさき」だ。【落合博満】

ひさしぶりに、ブログをかいた。ひさしぶりに、すこし長文をかく気になったのだ。長文といっても、600字たらずくらいとおもうけれど。しかし、最近は、Twitterで、つぶやくことすら、やっていなかったのだから、やっぱり長文だとおもう。


内容は、いつものとおり、落合博満流のバッティング技術のことだ。無目的すぎて、だれのためにも、ならないことだけれど、ただただ、素朴に、探究することが、たのしい。こういってしまっては、身も蓋もないけれど、「35歳までに、プロ野球選手をめざす」などといっているのも、あそびごころをもって、おもしろがることが、継続のちからになるからだったりする。


さて、本題。


落合博満さんは、「バッティングは、手がさきだ」といっている。手がさきで、足(脚)と腰は、あとから回転させる。


イメージとしては、手がさきで、インパクトの瞬間に、足(脚)と腰を回転させて、バットにパワーをつたえる感じだろうか。これなら、ふりおくれて、さしこまれそうになっても、ちからまけせずに、右方向(右バッターの場合)に、つよい打球をとばせるような気がする。実際に、ボールをつかって、やっていないから、あくまで想像だけど。


このイメージで、バットをふる練習は、テニスをやってみるのがよいような気がした。これも、実際にテニスをやったことがなく、テレビでみただけの話なので、単なる想像の域をでないのだけど。なんか、テニスのイメージは、ラケットをまず手でふって、インパクトの瞬間に、からだを回転させて、ボールをうっているようなイメージがある。よくおもいだせば、テニスに対する、このようなイメージは、通勤途中にある公園で、おじいさんが、朝にひとりで、テニスのラケットをすぶりしている風景をみて、うまれたようにおもう。ゆっくりとした動作で、腰をおとし、右手でラケットをふりはじめ、脚と腰を回転させる素振りをくりかえしていた。


このように、着想したものだから、一度、テニスもやってみたくなった。いつまでも、ひとりで、シコシコと、素振りをやっているようでは、ダメかもしれない。実際に、やってみたい。


決断=実行

決断=実行

落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」

落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」

  • 作者:落合 博満
  • 発売日: 2015/07/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

いったい、これは充実しているのか?最近の日常。

仕事がおわって、家にかえると、午後7時か8時である。そこから、夕ご飯をたべて、ひと息つくと、すでに8時半から9時である。このあいだに、本をよんだり、新聞をみたり、録画したテレビをみたりする。そして、9時をすぎたころから、運動をはじめる。だいだいこれで、一時間ほど、たっている。お風呂にはいって、ひとやすみすれば、すでに時刻は午後11時をまわっている。


プロ野球選手に、35歳までに、どこまでちかづくことができるか」という、無謀な夢想を実現させるためには、効率的に時間をつかわなければならない。そもそも効率的に時間をつかうことは、野球をまなぶことに、かぎったことではない。仕事がおわったあとの、かぎられた時間のなかで、思想をみがく訓練もしなければならないし、お酒だってのまなければならないし、単なる性処理ではないレジャーとしてのオナニーもやらなければならない。また、恋愛という人間関係のことも、ぼちぼち、しっかりとやっていかなければ、貧相な中年をすごさなければならなくなり、思想をみがくという最大のたのしみが、あたまうちになってしまう未来は、容易に想像することができる。


人生には、やらなければならないことが、たくさんあるのである。どれひとつも、おろそかにすることはできない。ああ、そうだ。上にかいたようなライフワークにかぎらず、ライスワーク、つまり、たべていくための労働だって、手をぬくことはできないのである。


今日は午後7時まで、はたらいたが、9時半すぎから、約6kmをはしり、素振りを200回おこなった。


長距離をはしることは苦痛だが、しかし、はしるという行為には、それなりのたのしみと快感がともなっている。これは、ぼくがマゾヒスト気質のためなのか、それとも、マインドフルネスの技術を身につけたことを意味するのか。はしっているときは、まるで無心のようで、この感覚は、素振りをするまえのぼくには、なかったものである。


とかくするうちに、だいたい毎日、こんな時間になってくるのである。こんな時間とは、翌日の午前0時である。ぼちぼちねなければならない。


ねるまえにのむハイボールは格別である。これは、ここ一週間ほどの習慣である。


f:id:hide-himuro:20200602235714j:plain