氷室京介展(グランフロント大阪会場)にいってきた感想。※ネタバレ注意※

氷室京介展に、9/12土曜日に、いってきた。
※この記事のいたるところに、ネタバレがありますので、展示展にまだ、いかれていないかたは、みないでください!!※


f:id:hide-himuro:20200917233814j:plain

f:id:hide-himuro:20200917233852j:plain


27、28歳から56歳まで、ソロミュージシャン氷室京介のすがたをおっていくかたちの展示展だったのだけれど、年をおうごとに、次第に表情から、もろさがきえていったことが感じられたことが、いちばん印象的だった。せつなく、そして、さびしい、影のある表情のなかにあった、もろさがきえて、ちからづよい偉大な孤独とでもいうべき表情になっていっている。

f:id:hide-himuro:20200917234114j:plain
写真は、展示会場の最後のブース。氷室京介の未来が、ここにはあった。


この展示展は、還暦アニバーサリーのはじまりなんだって、しめくくりかたに、鳥肌がたった。

f:id:hide-himuro:20200917234351j:plain
氷室京介のいま、そして、未来につづくシンボルである。


おわりなのではなく、いまからはじまるんだって、最後のブースでしめされていた。ほんまに還暦オリジナルアルバムがでるっぽい。最後のライブのときにファンと約束したことを律儀にまもっていたのだ。ライブでの表現を想定しないことは、氷室京介にとって、あたらしいこころみになるから、どんなアルバムになるのか、たのしみすぎる。




たかが展示展だけれど、そうともいえないインパクトがあった。おおげさだが、このあとのぼくの人生に、なんらかの影響をあたえそうなほどの展示展だった。ここしばらく余韻がのこっている。


この日は、氷室京介展をぐるりと1時間半くらいかけて、ゆっくりまわった。そのあとから、氷室さんとすごくちかい距離に、ちかづくことができた感じが、ゆるやかに心身をつつみこんでいる。なにかにみたされた感覚がある。


氷室さんの人生のあゆみを追体験できるしくみに、展示は工夫されているのだろうとおもう。展示という方法の威力を体感している。



以下、こまかなことの印象記として。


氷室さんの字が、とてもととのっていることが印象的だった。きれいな字をかくんだなあ、って。BOOWYの「季節が君だけを変える」の手書きの歌詞には、おちついた雰囲気があった。いきおいで歌詞をかいていない感じがした。


KISS MEは、サビのところでkill meにするかどうかで推敲していたのが、氷室京介っぽいとおもった。それをやめたのが、30歳代の氷室京介らしさをあらわしているともおもった。


ステージ衣装が展示されていた。氷室京介がそれらをきていたのだとおもうと、急に氷室京介という存在が、ちかく感じた。実在する、というか、ふつうの人間なのだとおもえた。


1996年ころ、ライブ活動を3年以上はなれたときの葛藤や、2013年にあった実家への放火事件によってうけた精神的影響まで、アニバーサリーな展示展で言及されていた。このひらかれた精神に、氷室京介はあゆみをとめておらず、そして、たましいが、かれていないことを感じた。


氷室京介の歴史をある程度一覧してみて、アルバム『IDEA』が、やっぱりおおきな飛躍であると確信することができた。アルバムが完成したとき、「究極の氷室京介」と、みずからが形容した手ごたえは、20年ほどたっても、かわることがない真実だったのだ。


氷室さんのたましいは、かれはしないんだ。

KYOSUKE HIMURO since 1988

KYOSUKE HIMURO since 1988

三浦春馬とALS患者嘱託殺人の被害者。自死する自由があたえられていたひとと、あたえられていなかったひと。

ALS患者嘱託殺人事件の特集が、朝日新聞でくまれている。さきごろの嘱託殺人事件について、識者などの意見や朝日新聞をふくむメディアの編集のしかたをみていると、嘱託殺人という手段をとって自死した当人の不在のところで、議論がすすめられているような、気もちのわるさが、多少ある。


ぼくとしては、三浦春馬にはあたえられていた自死する自由が、ALS患者にはあたえられていないというところに、多少の不平等を感じる。難病であっても、いきいきといきていけて、自殺したいなんておもわない社会をめざすのは、ただしい道なんだろうとおもう。しかし、いまはまだその道中だ。混沌とした社会で、「いきろ」とだけ、理想論をぶつのは、なんかちがう。


自死する自由についての議論がないと片手落ちの気がするのだ。しんでしまいたいとおもいなやんでいる当事者の意見や気もちをもっとひろいおこして、社会的に議論をふかめていく方が、だれも自分から命をたつことのない社会への近道のようにおもうが。

自転車にのった少年と文化のはじまり

9月4日金曜日午後3時ころ、炎天下のなか、脇道で素振りをしていたところ、自転車にのった小学3年生くらいの少年が、その道をとおりぬけるため、ぼくの方へとむかってきた。ぼくは少年がとおりすぎるまで、素振りをやらないでおくために、少年のすがたを目でおった。そのとき、少年と目があった。不意なことだが、たがいに、かるい会釈のような、あるいは目くばせのようなしぐさをした。


少年は、ぼくのこと、つまり、素振りをする男性のことが気になったのか、このあと、二度、三度と、目のまえを自転車でとおりすぎた。三度目には、目のまえをよこぎる瞬間に、ぼくの方をみて、「がんばってください!」と、ややかぼそく、一声かけていった。ぼくはそのかけ声に応じて、「ありがとう!」とかえした。


一瞬のやりとりだったが、印象的なできごとだった。ぼくはこの経験から、文化のはじまりをみたような気がしている。また、少年にとっては、野球がある風景として、このまちが印象づけられたかもしれない。

枯れた芝生と雨ごいのこころ。芝生管理の仕事をとおして、宗教的な心情の起源をおもう。

雨の日は、じめじめするし、外へいくにも、ぬれてしまうことをかんがえるとおっくうになるから、あまりすきじゃない。だから、雨の日用の靴ももっていない。このようなふうにかんがえる人間だったが、生活がかわると、かんがえかたもかわることに気がついた。夕立があって、こころから、よろこべる日がくるなんて、おもいもよらなかった。

 


目次

 

芝生の管理に四苦八苦

きのう、夕立があって、とてもうれしかった。8月にはいって、日でりがつづいていたので、ひさしぶりの雨に、感謝した。

 

雨がふって、こんな気もちになったのは、はじめてである。ぼくは、基本的に、雨の日が、すきではない。

このような気もちになったのには、わけがある。

 

今年から、仕事で、芝生の管理を担当するようになった。芝生は水が不足し、乾燥すると、すぐにかれてしまう。ここのところの猛暑によって、梅雨があけ、あおくおいしげっていたの芝生が、部分的にだが、一気に、かれてしまったのである。

f:id:hide-himuro:20200822095032j:plain

 

こんなに一瞬で、かれてしまうとは、おもってもみなかったので、かなりあせった。さいわいにも、根はしんでいないようなので、水さえ、しっかりあげれば、復活する。

mappysgarden.com

 

このようなわけがあるから、雨がふって、とてもうれしいのである。

 

雨ごいのこころの経験から、宗教の起源をおもう

今回の経験から、雨ごいをするひとびとの感覚が、すこしわかった。そして、宗教的なこころの起源のことも、すこしわかったような気がする。

 

雨ごいという行為やその行為の核にある心情的なことは、人間が、栽培植物をそだてはじめてから、はじめて、うまれてきたようにおもう。狩猟採集の時代は、自然への畏怖心はあっても、いのりのようなことは、なかったのではないか。狩猟採集は人間の頭脳をもとに、戦略的におこなえるが、植物の栽培は、人間の手におえない部分が、その中心をしめている。

 

人間には、はじめは宗教はなかった。自然に余程ちかいピュアな感覚と鋭敏な頭脳とがあっただけなのだとおもう。はじめは、これだけをたよりにして、狩猟採集をおこなった。その後、栽培植物があることをしり、農耕という、自然をコントロールしようとする生活様式をつくった。このとき、うっかり自然から逸脱してしまったがために、自然とのピュアなつきあいかたをみうしなってしまった。その穴をうめるために、宗教というものを鋭敏な頭脳で、かんがえだしたのである。

 

たぶん、ある集団ごとに、ひとりか、数人のかしこが、宗教的なかんがえかたや行為をかんがえだしたのだとおもう。それがたとえば、雨ごいである。だれかが雨ごいをはじめたら、雨がふった。それをみたひとが、「これはすごいぞ!これで、オイラたちは、しあわせになれる!」とおどろき、それがしだいに伝播していった。

 

 

梅棹忠夫の「日本人の宗教」

梅棹忠夫の「日本人の宗教」

 

 

実家暮らしでも、自立できる。一人暮らしをしたから、自立できるというわけではない。

実家ぐらしは、けっして親のすねかじりなどというネガティブなものではないとおもう。日本という風土の特性をかんがえると、しっかりと親との関係をつくって、実家ぐらしできるようになることにこそ、ただしく自立することができたといえるかたちがあるとおもう。



実家にいながら、半自活

仕事をおえてから、家にかえって、洗濯をする。夕食をたべたあとは、皿あらいをする。休日は、家の掃除をする。たまに、スーパーで食材をかって、夕食を自分でつくる。


これだけのことをやっておれば、すでに半分は自活していると、いえるのではないか。実家ずまいであろうが、ひとりぐらしであろうが、どっちでも、十分に、自分のちからで生活するという経験はつめることがわかってきた。


だいたい、ひとりぐらしというライフスタイルに対して、ぼくはそんなに関心がない。父親は、たいした人間ではなく、しゃべると9割が不愉快な人間なので、かれといっしょに生活することで、ストレスがたまるが、共同生活のおかげで、時間的にも、金銭的にもメリットがあるので、それもこみで、実家ぐらしは、積極的にアリだとおもっている。


また、実家ぐらしには、積極的にたのしいといえることもある。仕事をおえて、帰宅したあと、母親としゃべりながら、夕食をたべることは、たのしい。母親は、人間的におもしろいのである。これは、ひとりぐらしで、黙々とすごしているより、うんと、ゆたかな生活だろう。

地縁的なむすびつきと精神的な自立についておもうこと

人間の精神は、土地にむすびついているものではないし、同時に、土地におおきく影響をうけて、存在しているものだとおもう。人間の精神は、土地にむすびついているともいえるし、むすびついていないともいえる。つまり、そんなに簡単に、わりきれるものではないのである。


なにがいいたいかって、心身二元論はまちがっているということである。肉体と精神とが、別々に存在しているものだととらえていては、人間のことは、ほんとうにはわからない。


このようにかんがえるのは、実家にいながら、精神的にも、実際の生活としても、自立しはじめた経験にもとづいている。わざわざ家や土地とのつながりをたたなくても、人間は自立することができると、実感している。


ものの本によると、たとえばイギリスなどでは、高校生くらいから、子どもは親元をはなれて、寮生活をはじめる歴史があるという。これは自立のための訓練であるということだが、心身二元論の立場にたった発想であろう。ヨーロッパの人間にとっては、それが歴史的に、ちょうどよいということがわかった方法なのかもしれないが、日本では、あっていないだろうとおもう。


日本的風土で、うまれそだった人間は、土地とのつながりをたたなくても、自立できるのである。逆にいえば、土地とのつながりがなければ、自立できないともいえるのである。


ただでさえ、土地とのつながりが、希薄な現代社会なのに、無理やり努力して、ひとりぐらしなどをはじめて、自立した個人をもった人間がそだつわけはないだろうとおもう。


こころがやんだひとがおおいのは、このあたりに鍵があるとおもう。

はじめて、なまの魚をさわった。サンマをグリルで、やいたのである。

たぶん、はじめて、なまの魚をさわった。弾力のある感触に、いきものの感じがあって、印象的だった。いきものといったが、すでに、しんでいるのだが。


いままで、なんにもしてこなかったことを痛感するような、はずかしい話だし、単に母親が夕食のため、かってきてくれていたサンマを自分でグリルにほうりこんで、やいただけの話だ。しかし、印象的だったことにはちがいなく、また、あたらしい経験をしたわけだから、そのよろこびとたのしさをかみしめることは、当然のことだろう。


余談だが、この醤油をサンマにかけると、とてもおいしいです。この醤油は、たまごかけご飯のときにも、オススメです。

さらに余談。
たまごかけご飯をするときは、かつお醤油に、「ごま油」をすこし、かけてください。史上最高のたまごかけご飯になりますよ。

純正ごま油濃口(PET)600g

純正ごま油濃口(PET)600g

  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: 食品&飲料

他者のみならず、自分にもやさしくあることで、かえって、だれかを傷つけてしまうという矛盾。

ひとに対して、やさしくありたいのだが、そうあるためには、まずは自分に対しても、やさしくある必要がある。しかし、ここで、比較的おおきな壁に、ぶつかる。自分に対して、やさしくあるために、まっすぐに自分にむきあうと、だれかや自分を傷つけるような行為をせざるをえなくなるのだ。


ぼくにとって、自分にやさしくあるということは、自分の気もちを抑制しないことだ。しかし、感情的なことをむきだしにすることは、だれかを傷つける結果になりやすい。


ぼくは、やっぱり、ひとの気もちが、よくわからない人間みたいだ。ひとにやさしくあるという目的に対して、行為がちぐはぐであり、結果がついてこないのは、ひとの気もちがわからないからなのだろうとおもうのだ。


自己の中心に、空白というか、ひっかかりがある。どれだけまともに、ひとびととかかわりあえるようになっていても、最後のところで、壁がある。その壁は、透明のもので、一見では自分にも、その存在がわからない。どれだけ関係がふかまっていても、結局、「うちとけたふり」をしているだけのような、孤独感がある。この孤独感は、他者の問題ではなく、自分の自分自身に対する距離感の問題なのだとおもうが。


お盆やすみは、9日間もあった。明日からまた仕事がはじまる。


やすみが、ながくつづくと、内省的になる。ふと、自分をみつめてみると、なにもないことに気がつく。なやんでいるというようなことではない。自分には、なにもないんだなあという事実に、さびしい気もちになるのだ。


しかし、明日からは、ふたたび、毎日の生活を精一杯いとなんでいくだけだ。なにかがあろうが、なにもなかろうが、たいしたちがいではない。