胡蝶の夢日記 行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題や民族学に興味あり。「自分のこと」を言語で表現することでみえてくる自己実現について、かんがえながら、ブログをかいています。社会性って、なんだろう?どうしたら、社会に参加できるのだろう。

ことばをすてる。

いきつけの串かつ屋さんで、ひとりでいる。

とはいっても、かたわらには、鈴木大拙がいる。

だれかと、お酒をのむのもたのしいけれど、ひとりでお酒をのみながら妄想するのも、おなじくらい、たのしい。

お酒によってくると、ことばがおおくなる。
氷室京介が~。hideが~。」と、なにかことばにしたくなってくる。
「ぼくは、なにものだ」と、ことばにしたくなってくる。

それで、ふとおもう。
ことばを弄するのは、やめよ、と。

ことばでは、自己がなにものであるのかまでは、到達できないと、いまはそんな気がしている。

写真は、牡蠣の串かつである。
この時期だけ、貝殻にのっけているのだけれど、なんと粋だろう。みているだけで、おいしい。

有線から、中森明菜のDESIREがながれている。
おかっぱ頭に、和風の衣装が、かっこいい。

f:id:hide-himuro:20191215213331j:plain