胡蝶の夢日記 行為と妄想をかきのこしていくところ

心身の問題や民族学に興味あり。「自分のこと」を言語で表現することでみえてくる自己実現について、かんがえながら、ブログをかいています。社会性って、なんだろう?どうしたら、社会に参加できるのだろう。

ひとを好きになるということ。ひとを愛するということ。

あなたのことが、すきでした。

けれども、いま、むすばれることはできないだろうとおもうので、ぼくは身をひきます。

あなたは、ぼくをひととして、すいてくれていました。ひとを愛せないぼくをうけいれてくれました。

ぼくは、あなたのそのやさしさに、のぞみをたくし、「すきである」とウソをつきました。そのウソとは、ほんとうのウソではありません。

「あなたのことを愛せるのか、すきなのかすら、わかりませんが、あなたといると、こころがたのしくて、あなたをもとめているような感情があることを感じます。それは"おそらく"すきということだろう。」

そう、自分をことばによって、ごまかすことで、あなたに、「すき」だと、まえにいいました。

今日、あなたとあって、その「すき」という感情が、ほんとうのことだと感じることができました。

だから、ぼくは、あなたから、身をひきます。

自分が、いたい方角をむき、いたみを感じることから、目をそむけません。

あなたをあきらめ、あえなくなることは、やっぱりさびしい。ぼくは、そのいたみをずっと、わすれないでしょう。

ぼくには、ひとを愛するちからが、あったのです。
大好きなあなたをあきらめることで、傷つくこころのいたみをぼくはうけいれることができました。

ぼくは、愛することでおってしまう「いたみ」をうけいれることができた。

ぼくは、ひとをすきになれたし、愛することができた。だから、身をひくことができたのです。このいたみがあることをぼくは、うれしくおもっています。